一番好きだった写真!きれい☆

本日7月2日から新宿で開催される、高砂淳二さん
の写真展「虹の星〜The Rainbow Planet〜」の前夜祭に行ってきました!

この写真展は、高砂さんが世界中で撮影をした、虹の写真ばかり集めた写真展です!
私、虹って昼間しか見えないものだと思っていました。

この写真展では、七色に輝く虹の写真、白い虹や赤い虹の写真まで
「こんなに虹って色んな表情があるんだ!」と、感動するような写真が数多く展示されています。

赤い虹

↑これは赤い虹!すごいっ。

昼のイメージの展示室この写真展示は大きく、
[昼のイメージ]の写真が多い部屋と、
[夜のイメージ]の写真が多い部屋の
2部屋に分かれています。

昼の虹は、色濃くて、元気がもらえちゃう♪
夜の虹はすごく幻想的なんです。

昼の虹は、太陽の光から生まれる虹。夜の虹は月の光から生まれる虹なんです!
夜の虹「ナイトレインボー」を今回の写真展で初めて知りましたが、本物を見てみたいなぁ!

虹って、出会えただけでも「ラッキー!」って思っちゃうのに、こんなに色々な
虹の写真を見られて、すごーく幸せ。写真に癒されます。

前夜祭では、高砂さんとお話をする機会をいただけたので気になる事を質問してきました。
「夜の虹を撮るコツは?」と、伺ったら、シャッター速度を変えて、同じ虹を何枚も撮ること!と、おっしゃってました。

高砂さんまず、シャッター速度を
30秒に設定して一枚撮ってから、
20秒・10秒・5秒と
シャッター速度を短くしていって、
その後は、1分・2分…と、増やして撮るそうです。

あとは、明るくしすぎないで、少し暗めに撮ると虹の色がとばずにきれいに出るそうです。
虹の写真と、風景写真を撮りに行きたくなっちゃったなー♪
海の写真を撮りたいな☆


世界中の海や、動物、自然を撮っている高砂さん。

夜の森でも、一人でどんどん入っていって、
写真を撮るそうです!すごいー。
「夜の森って、すごく怖いよ!」と、笑っていました。

夜の森ではカメラの3脚を杖にして、足下を確かめながら進んだりと、
素敵な写真の裏舞台は、
大変な背景もあるんだなぁ、、、と、思いました。

ご本人も、お話は楽しく、笑顔も柔らかくてとっても素敵な方でした!

新宿のコニカミノルタプラザで、7月2日〜22日まで開催されています!
高砂さんも開催中は、展示場に居る時間も多くとられているそうなので、
写真を見て、お話をきけるかもしれません♪



高砂淳二写真展「虹の星〜The Rainbow Planet〜」


【期間】2008年7月2日〜22日
【時間】10:30ー19:00(最終日は15:00まで)
【場所】コニカミノルタプラザギャラリー B&C <入場無料>